アンティーク腕時計のオーバーホールをするには

CATEGORY:

アンティークものは修理しにくい?


アンティーク腕時計は、現在発売されているモデルにはない雰囲気やデザインが魅力的です。アンティークものが好きな人や家族から代々受け継がれているものがあるなど、人それぞれ使っている理由は異なるでしょう。

しっかりとメンテナンスをしていれば、アンティーク腕時計も長く使う事ができます。逆にメンテナンスをせずに放置していると、油切れが起きてパーツの動きが悪くなり、負荷がかかって破損する原因になってしまいます。通常の腕時計も油切れの状態で針を動かすと負担がかかってしまいますが、アンティークものは特に気をつけなければなりません。

なぜなら、すでにパーツの製造が終了し、保有期間も切れているからです。腕時計のメンテナンスではオーバーホールという修理を行うことになりますが、アンティークものはパーツをいちから作ることになります。オーバーホールができる技術者の中でもパーツをいちから作れる技術者は限られているため、アンティークものを修理に出す際は確認が必要です。

定期的に依頼して良好な状態を保とう

アンティーク腕時計のオーバーホールを行う際、パーツをいちから作るとなれば費用も高くなります。出来るだけお金をかけないためには、古いモデルは壊れてしまう前に定期的にメンテナンスをして良好な状態を保つことが大切です。

通常の腕時計のオーバーホールは、壊れている部品は交換して修理するため、いちから部品を作ることはありません。劣化の症状が出てきたら、すぐにメンテナンスを依頼しましょう。

例えば、「針の動きが不安定で速くなったり、遅くなったりする」「普段は聞こえない擬音がするようになった」などの症状が挙げられます。見た目には異常が見られなくても、中で組み立てられている部品が劣化し始めていることもあるため、数年に1度は見てもらうことをおすすめします。

お金をかけないために自分で分解をし、洗浄を試みる方もいらっしゃいますが、古い腕時計は磁気や防水性が弱くなっており、取り扱いにも十分注意しなければなりません。最新モデルであっても精密機械は繊細であるため、少しでも間違ったメンテナンスをすると逆に壊れてしまう恐れがあります。ずっと大切にしていきたいものだからこそ、経験のある技術者にメンテナンスを依頼することをお勧めします。

同じカテゴリの記事

ロレックス オメガ

高級腕時計は、なぜ”高級”なのか

一般的に”高級”を謳うものとして、あなたは何を ...

ロレックスの時計

並行輸入品をオーバーホールする際に注意したい”並行差別”とは

並行輸入品は、外国で合法的に製造・販売されている商品を買い付け、国内の ...

ブライトリング BREITLING クロノマット 44 CB0110/C011B68VR

腕時計のポリッシュは何回まで可能か

ポリッシュは「研磨」や「新品仕上げ」とも呼ばれるメンテナンスの一種で、 ...

SEARCH

MESSAGE

こちらのコラムでは主に初めてオーバーホールする方に向けてぜひ知っておいていただきたいことを書いています。

カナルクラブではオーバーホールの大切さを知っていただき、大切な腕時計の価値を長持ちさせていただきたいと思っております。

ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。