新品の時計は、当然ですがキズもなく、輝いています。非常に強い印象があります。これは分かり易い価値と言えます。それに対してオールドウォッチはキズがついていたり、文字盤なども変色していたり、全体的にくすんだ印象です。

 

 

一部の時計を除いてですが、以前はこの違いにあきらかな価値の違い(新品の方が価値が高い)がありました。しかし現在は、ネットや雑誌で、くすんだ時計の下に高額の金額が書かれている。そういうのを何度も何度も見ているうちに、くすんでいる=高額という神経回路がある程度ですが、できてきていると思います。(?)

 

これはアンティークジュエリーなどには以前から起こっています。新品の眩しいばかりのジュエリーとくすんだアンティークジュエリー。輝きでは新品にはかなりませんが、アンティークジュエリーには“アジ”があります。どちらを選ぶかは好みの問題ですが、時計好きの方の傾向としては、新旧どちらも好みというケースがかなり多いように感じます。

 

同じカテゴリの記事

タグホイヤー Cal.1887 受付けを開始しました

タグホイヤー1887クロノグラフの受け付けを開始しました。セイコーキャ ...

カナルクラブから

READ

高額部品を守る3つのポイント⓶

前回に引き続き高額部品を守る3つのポイントのコンテンツをご紹介しますの ...

カナルクラブから

READ

高額部品を守る3つのポイント

今回紹介するのはカナルクラブが修理完了後オーナーの方にお送りしている動 ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ