カナルクラブでは常々、ステンレス製のリューズ、ボタンを守ることが重要と言ったり、書いたりしています。これはリューズ・ボタンが破損しなければオーバーホール代が高額にならないで済む可能性が圧倒的に高くなるからです。そしてステンレス製の部品には守り方があるという配信をしています。

 

ブレスレットも同じステンレス製

ステンレス製リューズ・ボタンの弱点は、同じ材質でできているブレスレットも持っています。その弱点はリューズ・ボタンと同じように、汗の脂分や汚れを長期間放っておくと、内側の部分が腐食し、劣化してしまいます。逆に言えば、ここのポイントさえ注意すればリューズ・ボタン・ブレスレット(さらに言うとケース)などが圧倒的な長期間守れます。ブレスレットのピンやパイプには交換できる部分とできない部分がありますが、交換できない部分(ほとんどが交換できない部分です)、のダメージによりゆくゆくはブレスレット交換になる可能性が出てきます。もう直しようが無いほどいたるところが劣化してしまいます。

顧客限定サービスとして

カナルクラブでは以前ご依頼いただいたお客様限定になりますがブレスレットメンテナンスをお薦めしたいと思います。これは1年に一度のブレスレットメンテナンスでオリジナルブレスレットを何世代にも渡って守り続けるという企画の一部です。数年に一度のメンテナンス=オーバーホール時にはブレスレットの洗浄や、各部分のチェック、修理なども行いますが、やはり少し間が空きすぎます。高級時計は親族に受け継がれていくという想定の中でやはりブレスレットのメンテナンスは必要になります。ぜひ1年に一度のサービスをと考え企画しました。

 

新品として販売されたときに付いていたブレスレットが一番

ちなみにブレスレットが壊れたら純正の新品に交換すれば良いとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、メーカーも同じブレスレットを永久に製造し続けるわけではないので純正ブレスレットではあるものの、ニュータイプに交換ということになります。やはりその時計が新品で販売されたときに装着されていたブレスレットが価値としては一番ですし、またその時計に似合います。古い時計のオリジナルブレスレットは、ある程度ダメージが有ることがほとんどですが、もうそれ以上劣化させないことが可能だということも知っていただきたいと思います。

 

 

同じカテゴリの記事

高級時計 譲り、譲られ・・・

例えば父親が、自分が長年使ってきた時計を息子さんに時計を譲る。これから ...

カナルクラブから

READ

新品の時計とオールドウォッチの価値は全く違う

新品の時計は、当然ですがキズもなく、輝いています。非常に強い印象があり ...

カナルクラブから

READ

新しいムーブメントの悩み

30年くらい前,当時、テクノス・ウォルサム、そしてピアジェの代理店だっ ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ