かなり前の話ですが、(15年から20年くらい前でしょうか)ある大型質店(店舗があちこちにあるようなお店です)が,ロレックスのベルトが取り付く部分の脚に穴が貫通しているタイプ(旧タイプ)はもう古いので、買い取りを中止したことがあります。この時のロレックスに対する価値感は、新品に近いものを安く欲しいという需要に合わせたものです。当時は、新しいモデルが一番人気という時代です。

(左奥:114270   右手前:14270)

 

 

 

しかし、現在はどうかというと、買い取ればどんどん売れるので、穴が有ろうと無かろうと、とにかく買い取るはずです。そしてさらに、ロレックススポーツタイプについては、旧タイプの値上がりが話題になることが多いですが、

(ROLEX 5513 サブマリーナ)

新品でもかなり値上がりし、品数も少ないので手に入れるのが困難になっています。最近ロレックスのグリーンダイアル、グリーンベゼルのサブマリーナのオーバーホールをご依頼いただいたオーナーの方は、「注文してから、入手するまでに2年かかった」とおっしゃっていました。昔では考えられない状況ですね。

 

つまり、高級時計について言うと、新品・中古・ヴィンテージとまんべんなく相場が上がり続けているという現在の状況です。ちょっとバブルの頃の高級車事情(フェラーリなど)を思い出しますね。

 

 

同じカテゴリの記事

タグホイヤー Cal.1887 受付けを開始しました

タグホイヤー1887クロノグラフの受け付けを開始しました。セイコーキャ ...

カナルクラブから

READ

高額部品を守る3つのポイント⓶

前回に引き続き高額部品を守る3つのポイントのコンテンツをご紹介しますの ...

カナルクラブから

READ

高額部品を守る3つのポイント

今回紹介するのはカナルクラブが修理完了後オーナーの方にお送りしている動 ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ