古い高級時計には文字盤や針の変色は関係無いと言い続けています。しかし、気になる方も多いかもしれません。

例えば交換する場合、いろいろと問題が出てきます。

・ すでに同じ文字盤や針が製造中止になっていて交換できない。

・文字盤や針の提供はできるものの、メーカーに依頼しても代用品になってしまう。

(その代用品のデザインや色に違和感がある)

・できるだけ製造時のものにこだわりたい。

など理由は様々です。

 

どちらにしても変色、腐食などが無ければそういう問題も無いので、防ぎ方を書かせていただきます。

 

文字盤・針のダメージは水分によるもの

 

変色は水分が長期間時計内にある場合に起こります。それを防ぐには劣化してしまう前にゴムパッキンを定期メンテナンスで交換するのが一番良い方法です。時計の定期メンテナンスは3年から4年が推奨されています。これはオイルの劣化や、ゴムパッキンの劣化を考慮してのことです。もちろんこの時期のメンテナンス=オーバーホールをお薦めしますがやはり長い目で見て遅くとも5年までには行った方が良いでしょう。新しい、古いにかかわらず高級時計の価値が上がり続ける現在、“長い目で見て”というのが一つのポイントになってきています。また定期メンテナンスをしていてもいずれは少し変色が起こります。このような急激ではなく、長期間時間かけて徐々に変色したものは味があると感じるものです。できればそちらの方が良いですね。

同じカテゴリの記事

新品の時計とオールドウォッチの価値は全く違う

新品の時計は、当然ですがキズもなく、輝いています。非常に強い印象があり ...

カナルクラブから

READ

新しいムーブメントの悩み

30年くらい前,当時、テクノス・ウォルサム、そしてピアジェの代理店だっ ...

カナルクラブから

READ

ブランドのパワーは上がり続けている

中古時計販売業者の方に聞いた話しですが, エルメス クリッパー(クォー ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ