以前にも紹介したことがありますが、IWCの新旧防水リューズの画像です。

左:旧タイプ(魚マーク)     右:新タイプ

大きく変更してきましたね。外見だけでいうと、ニュータイプの方が良いように思ってしまいますが、やはり歴史というものもあるので当然魚マークも捨てがたい。リューズは小さいものなので、魚マークの方が一瞬で認知できるという感じもあります。

カナルクラブのお客様にもリューズ交換の際に魚マークをご指定なさる方がいらっしゃいます。魚マークのリューズもまだ残っていますが、無くなると新タイプが納品されます。どのモデルの魚マークのリューズが残っているかは、その都度調べてご連絡をしています。しかし、IWCも「製造中止、終わり」ではなくデザイン変更があったとしても作り続けてくれるというのは、実にありがたいです。何しろカナルクラブとしては、何世代にも渡って時計が受け継がれるというお手伝いをさせていただくことが使命と考えておりますので。『部品は修正して使える』とか、『いずれもっと簡単に部品作成ができる』などと言っていますが、外装部品はそういうわけにはいきませんからね。

 

 

同じカテゴリの記事

文字盤・針の変色腐食は価値に関係ない、しかし気になる

文字盤、針の変色などが気になる   最近はオールドウォッチの ...

カナルクラブから

READ

歴史的な事実ではなく、個人的なヒストリー

偉大な歴史 少し前に歴史を持つ時計について書きました。時計の歴史には, ...

カナルクラブから

READ

あまり使っていないからパーツは傷んでいないか?  パーツに厳しい環境とは?

使用頻度が低ければ、パーツのダメージは無い? 長期間オーバーホール無し ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ