以前にも紹介したことがありますが、IWCの新旧防水リューズの画像です。

左:旧タイプ(魚マーク)     右:新タイプ

大きく変更してきましたね。外見だけでいうと、ニュータイプの方が良いように思ってしまいますが、やはり歴史というものもあるので当然魚マークも捨てがたい。リューズは小さいものなので、魚マークの方が一瞬で認知できるという感じもあります。

カナルクラブのお客様にもリューズ交換の際に魚マークをご指定なさる方がいらっしゃいます。魚マークのリューズもまだ残っていますが、無くなると新タイプが納品されます。どのモデルの魚マークのリューズが残っているかは、その都度調べてご連絡をしています。しかし、IWCも「製造中止、終わり」ではなくデザイン変更があったとしても作り続けてくれるというのは、実にありがたいです。何しろカナルクラブとしては、何世代にも渡って時計が受け継がれるというお手伝いをさせていただくことが使命と考えておりますので。『部品は修正して使える』とか、『いずれもっと簡単に部品作成ができる』などと言っていますが、外装部品はそういうわけにはいきませんからね。

 

 

同じカテゴリの記事

新品の時計とオールドウォッチの価値は全く違う

新品の時計は、当然ですがキズもなく、輝いています。非常に強い印象があり ...

カナルクラブから

READ

新しいムーブメントの悩み

30年くらい前,当時、テクノス・ウォルサム、そしてピアジェの代理店だっ ...

カナルクラブから

READ

ブランドのパワーは上がり続けている

中古時計販売業者の方に聞いた話しですが, エルメス クリッパー(クォー ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ