オーバーホール時にポリッシュ(キズとり研磨)をすると新品に戻ったような感覚を味わえます。新品のような外見を取り戻すということは、時計の一つの価値観です。また、別の価値観としては時計の将来の価値を考え、あえてキズ残すという価値観もあります。それは再研磨無し(つまり製造過程後のポリッシュをしない)ということです。

最近明らかに増えてきている「何世代にも渡って時計を引き継いでいく」とお思いになるならポリッシュは控えた方が良いでしょう。その時計にもよりますが、そしてあくまでも個人的な価値観ですが、高級時計はキズや変色は基本的に価値を落とすものではありません。むしろ指紋と同じように世界に2つと無い時計である証といえるでしょう。

同じカテゴリの記事

今は修理不能でも将来的に直せるときが来る

以前ロレックスの手巻きのデイトナを川に放り投げた方がいらっしゃいました ...

カナルクラブから

READ

針の腐食・変色は気にしない

古い時計の針変色は当たり前 たまに針が変色・腐食している時計を見ること ...

カナルクラブから

READ

時計はモチベーションによって維持される

未だに古いアルファに乗っている人がいる 以前、自動車評論家の徳大寺有恒 ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ