今お持ちの時計の、とりあえず20年後を予想してみましょう。(どんなに古い時計でも結構です)20年後までにその時計を何回腕につけるのか?それは時間にして何時間になるのか?その間に何回落とすか?ぶつけるか?何十リットル汗をかくか?何万回ゼンマイを巻くか?何回メンテナンス=オーバーホールをするか?何十万回時間を見るか?

 

20年後、その時計のキズは増えているに違いありません。文字盤も少し変色しているかもしれません。少しサイズがきつくなっていることもあるでしょう。でも、いろいろな意味でその時計の価値は上がっているはずです。その時計の価値が熟成したということです。どのように熟成させるかは、オーナーの考えによるかもしれません。もちろん30年、40年後と熟成度は増していきます。

 

 

 

同じカテゴリの記事

今は修理不能でも将来的に直せるときが来る

以前ロレックスの手巻きのデイトナを川に放り投げた方がいらっしゃいました ...

カナルクラブから

READ

針の腐食・変色は気にしない

古い時計の針変色は当たり前 たまに針が変色・腐食している時計を見ること ...

カナルクラブから

READ

時計はモチベーションによって維持される

未だに古いアルファに乗っている人がいる 以前、自動車評論家の徳大寺有恒 ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ