時計の汚れは、いずれ洗浄すれば良いからと、軽く考えている方が多いようです。

しかし、時計の修理代が高額になる原因は外装部品の破損によるものが多いと言えます。
それは外装部品が高額なためです。我々人間は毎日お風呂に入りますが、
時計も数年に一回のメンテナンス=オーバーホールで内部も外部も清潔に保つことで
健康な状態に戻ります。

ほとんどの時計はステンレス製ですが、ステンレスには
“空気に触れていない状態が長く続くと腐食する”という弱点があるからです。
乾いた布や、セーム革でケース・ブレスレットを拭く習慣は有効です。

ぜひ、お試しください。

同じカテゴリの記事

まさか・・・と思う人

時計を振ってゼンマイを巻く人がいると言うと「まさか!」と言って笑う人が ...

カナルクラブから

READ

IWCインターナショナルの魚マークリューズもう手に入らない? 

  前回に続き、古いインターナショナルの話です。前回は内装部 ...

カナルクラブから

READ

オールドインターナショナル(IWC)  大量復活企画  

昔、古いインターナショナル(IWC)は日本でも非常に評価の高い時計でし ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ