長年時計修理業を営んでいると、凄いダメージの時計を見ることがあります。「よくここまで・・・!?」と思うような状態です(悲)

 

そのような状態になった原因を一言で言うと、使用頻度の割にメンテナンス期間が空き過ぎているからです。例えば、毎日使用しているのに10年メンテナンスしていないというと何年も前からオイルの劣化、ゴムパッキンの劣化があるはずです。メンテナンス=オーバーホールをしないで使い続けると部品の摩耗、サビの発生が起こっているはずです。

 

もちろんこれが部品交換に繋がるかどうかは、部品をチェックしないとはっきりしたことは言えませんが、細かいことを言うときりが無いので、すべてを包括する視点から書かせていただきますが、時計の不必要な部品のダメージは生活習慣病と言えます。「つまり徐々に部品を蝕む要因の解決をしないだけでなく、その要因を追加し続ける。」

これが時計の大きなダメージの原因です。これがオーバーホールが高額になる原因です。これだけは避けたいです。ただ、すでに大きなダメージを負ってしまった時計については高額になったとしても、一度良い状態に戻す必要があります。そしてその後は、特に高額部品に負担をかけない使用法と定期メンテナンスにより、やっと“理想的なメンテナンスサイクル”を手に入れることができます!

 

 

同じカテゴリの記事

オーバーホールで部品の劣化は元に戻らない

オーバーホールでは部品の劣化が元に戻るわけではありません。部品が劣化す ...

カナルクラブから

READ

切替車2 リューズでゼンマイを巻いないのに破損してることもある

前回のブログでは,リューズでゼンマイを巻くとき、急いで巻くと切替車に負 ...

カナルクラブから

READ

切替車を守る方法  1

リューズでゼンマイを巻くときに急がない 切替車はどちらかというと、破損 ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ