時計の部品に注してあるオイルは3年から4年で劣化します。5年もつこともありますが、これはいろいろな条件に左右されるので期待はできません。またオイルの劣化の少し後に裏ブタやリューズ、ボタンなどの内側に装着してあるゴムパッキンの劣化も起こります。つまり防水性能が落ちていきます。

 

この2点が定期メンテナンスは3年から4年で行うのがベスト、という根拠です。しかし、その時期にメンテナンスしなくても時計はかなり長期間動き続けることがあります。しかも精度もそれほど落ちなかったり、逆に精度が良くなったように見えることがあります。しかし、時計内部(外部)の状態はどんどん悪い方向に向かっています。精度と違って、この“状態”は放っておいて良くなるということはありません。したがってメンテナンス=オーバーホールの時期は、ご購入から、または前回オーバーホールからの期間で決めるべきということになります。

どんなに精度に問題が無くてもこのタイミングのメンテナンス=オーバーホールが必要です。

もし数年後に手放す予定という方は別ですが、そもそもカナルクラブのお客様にはそういう方が非常に少ないようで、修理する側としても嬉しい話です。3年から4年でメンテナンス=オーバーホールをしておけばステンレスのリューズを非常に長い期間破損させないことが可能になり、メンテナンスの金額を抑えることに成功します。

 

 

 

同じカテゴリの記事

サスティナビリティ(だから今あるものを大事にする)

最近話題になっているサスティナビリティという言葉。「持続可能性」と言う ...

カナルクラブから

READ

もう時計は消費されない

今まで以上に長持ちさせたい   高級時計は今までの認識を超え ...

カナルクラブから

READ

文字盤・針は長い年月をかけて徐々に変色させる

古い高級時計には文字盤や針の変色は関係無いと言い続けています。しかし、 ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ