すごく古いヴァシュロンコンスタンタン(当時はバセロン コンスタンチンと言っていた時代です)中古時計販売業者の依頼で、金無垢(18金)をポリッシュしました。

25年くらい前ですが、その当時でも、40年くらい経過してる時計です。結果は、すごく綺麗になったのですが、何か変な雰囲気なんです。このヴァシュロンはデザインそのものがアンティークの雰囲気だったのですが、キズ一つない姿は、まるでシワ一つないおばあちゃんという感じです。(レディースでしたので)

人間でも、やはりシワも白髪も少しは無いとなかなか違和感があるものです(笑)

もちろん新品時代に一度戻してみたいという方はぜひお試しください。ポリッシュをすると凄く綺麗になるので、新鮮な気分でその時計に向き合えるはずです。しかし少しキズが付いたからといってメンテナンスの度にあまり何回もポリッシュしすぎた時計は全体的なデザインに陰りがでるということを覚えておいていただければよいと思います。

 

 

同じカテゴリの記事

文字盤・針の変色腐食は価値に関係ない、しかし気になる

文字盤、針の変色などが気になる   最近はオールドウォッチの ...

カナルクラブから

READ

歴史的な事実ではなく、個人的なヒストリー

偉大な歴史 少し前に歴史を持つ時計について書きました。時計の歴史には, ...

カナルクラブから

READ

あまり使っていないからパーツは傷んでいないか?  パーツに厳しい環境とは?

使用頻度が低ければ、パーツのダメージは無い? 長期間オーバーホール無し ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ