シーマシンクロン ポケットウォッチ。最近,自宅で見つけた時計です(^^♪

キズもほとんどなく、ほとんど未使用に近い雰囲気。手巻き時計なので手で巻くとちゃんと動きます。時間はまあまあ正確です。見つけてから数日に一回ゼンマイを巻いていました。

 

この時計はおそらく30年くらいは動かしていなかったでしょう。もちろんオーバーホールもしていなかったはずなので、オイルはとっくの前に劣化しています。もともと非防水時計ですからサビも発生しているでしょう。ただオイルの劣化があっても時計を動かさなければ部品の摩耗は無いはずです。案外これからもずっと動き続けるかもしれないと思っていました。

 

 オーバーホールするとどうなるか?

ところが、見つけてから3週間ほど経った頃、数時間で止まるようになってしまいました(悲)手で巻けば動くことは動きます。この時計をオーバーホールしてみるか?

シーマシンクロンの部品は数十年前から一般市場にはありません。もし部品が破損していたら、普通のオーバーホールということです。もっと価値の高い時計に行うことが多い“部品修正、部品製作”を駆使すればたぶん直るでしょう。 かなり高額修理になってしまうのでしょうが・・・・。ポケットウォッチだけに、修理は躊躇してしまいます。

同じカテゴリの記事

サスティナビリティ(だから今あるものを大事にする)

最近話題になっているサスティナビリティという言葉。「持続可能性」と言う ...

カナルクラブから

READ

もう時計は消費されない

今まで以上に長持ちさせたい   高級時計は今までの認識を超え ...

カナルクラブから

READ

文字盤・針は長い年月をかけて徐々に変色させる

古い高級時計には文字盤や針の変色は関係無いと言い続けています。しかし、 ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ